C87(2014年冬コミ)で買ったアルバムレビュー、2発目はロックなアルバムを3枚まとめてお届け。

■今回紹介する作品■

光収容の倉庫 / Who Want
鬱P / TEYAKI
Kanata Labo / Bluephrase Termination



光収容の倉庫 / Who Want

リリース: 2014/12/30
ジャンル: ロック
販売: メロンブックス


光収容の倉庫のインストアルバムといえば東方アレンジの3枚とKeyアレンジの2枚があるが(他にもあったかもしれない)、オリジナルで全曲インストのCDを出したのはきっとこれが初めてだと思う。とはいえ、最近のメインであるボカロアルバムでも必ず1曲はインストを入れてくるので、オリジナルのインスト曲を聴く機会もそれなりにあった。曲の主役はもちろんギター。5曲17分と短めのアルバムだが、雄々しさに少しの感傷を込めた疾走するギタープレイを存分に堪能することが出来る。

インスト曲には2種類ある。ボーカルの不在が気になるタイプと、ボーカルの不在をすっかり忘れてしまうタイプだ。この分類は、ボーカル曲の占める比重の重い同人音楽やアニメ音楽、そしてボカロ曲(当たり前か)を聴くことの多い筆者ならではの視点なので、必ずしも全てのリスナーの同意は得られないかもしれないがそれはさておき。歌入りの曲を作ることの多い作曲家(数多のボカロPや同人音屋を含む)がインスト曲を作る時、その多くはボーカル不在をいかにカバーするかを考えていると思う。やはり人間の声に対する人間の耳の順応性と、歌に乗せられた歌詞の物語性というものは音楽の情報量を一層増大させるものであり、聴き手の記憶に残すためのフックが多数用意されているのだ。ボーカルと歌詞とそれ以外の音が、同じくらいのウェイトを占めていると考えながら聴くリスナーも少なくないと思われる中、インストの作曲に慣れていない作家がインストを作るのにはそれなりの度胸が必要になるのではないだろうか。

その流れを引きずったまま、歌モノからの引き算でインストを作ろうとすると、聴いているうちにどうしても歌の「不在」が気になって曲にもイマイチのめり込めないことが多いのだ。普段ボーカルに任せっきりにしていた役を、他のパートにうまく割り振るためにはまた別のスキルが必要になるのだろう。しかし、光収容のインスト曲にはそういうものが全くない。それもそのはず、光収容の場合はボーカル曲であってもインスト曲であっても、作り方が全く変わらないのだ。基本はギター。とにかくギターを鳴らすことが先決。鏡音リンがボーカルを取るボカロ曲では当然歌のパートでボーカルが前に出てくるのだが、ボーカル以上にギターの比重が極めて重いところはやはり「ギタリストの作る曲」らしさを感じられる。「ギタリストの作る曲」や「ベーシストの作る曲」、「鍵盤で作られた曲」にはそれぞれ異なる特徴(というかクセが)あると日頃考えているので、ボカロPである程度の例が思い付いたらブログにしたためてみたい。

ところで、アルバムタイトルの「Who Want」は「んなの誰が聴きたがるんだよ」というインスト曲への(ボーカル曲と比較しての)需要の無さに対する自虐なのだろうか。光収容の倉庫といえば、たとえ鏡音リンが前面に出た曲であってもギターが主役を奪わんばかりにバリバリ活躍する作風で通してきている。他のギター弾き兼作曲家ならいざ知らず、少なくとも光収容に関してその心配は無用であると筆者は確信している。



鬱P / TEYAKI

リリース: 2014/12/30
ジャンル: ラウドロック
販売: 未定


1曲目は新曲「テラーストーリーテラー」。ボーカルはGUMI。間奏以外ほぼクリーンボイスなので比較的聴きやすいかもしれない。テンポはゆったりなのでかえってヘヴィネスが増しているが、大サビで倍速になる巧みな曲構成だ。鬱Pは割とこの手の展開が得意な気がしないでもない。テクノを思いっきりぶっ込んだサウンドだが、ラウドの体裁を崩すほどではない。というかここまでぶっこんでおいてよく崩れないなといつもながら惚れ惚れしてしまう。歌詞の中身は、作家・脚本家に「ストーリーの展開上」無碍に切り捨てられるキャラクターへの語りかけ。鬱Pのホームページに歌詞が載っているので、読みながら聴くのも一興。しかし筆者としては、まず歌詞を読まずにサウンドから入ることをおすすめする。音楽なんだしね。2曲目は「自爆3号」。ちなみに1号(無印)は最初に公開した1分ちょいの曲、2号は2番を追加したフルレングス(それでも短い)。この3号はクラブで回すために2号をアレンジした、ゴリゴリのテクノバージョンだ。鬱PはこうしてDJとしてステージに立つことも多く、2014年春にもテクノ調で固めたセルフリミックスCD「おかず」をリリースしている。どうしてもロックを期待してしまう筆者としてはちょっと複雑なのだが、最近はこれはこれで悪くないと思うようになった。3曲目「情死の唄」は歌い手「花たん(ユリカ)」に提供した曲のボカロ歌唱版。特に明記はされていないが、歌っているのはおそらくv flower。4th「ALGORITHM」収録の「絶対音楽で踊れ」と同じ声なので多分合ってる。・・・あ、なるほど、"花"繋がり。こちらも歌詞が公式サイトで読める。提供曲だからか鬱Pとしては綺麗なサウンドとなっており、雰囲気は悪くないのだがフックがなくあまり印象に残らなかった。花たん版を聴けば印象が変わりそうだが。ボーカルに伸びやかな音が多かったのは、花たんの歌唱力(これが本当に凄い)への信頼からなのかな、と思ったりもした。

というわけで、突発手焼きCDであっても別け隔てなく感想を書いてみた。まず間違いなくイベント限定である上に、かなり高い確率で次のイベントでの入手は困難であると思われるので、これを読んでCDが欲しくなったら鬱PのTwitterをフォローして情報収集に力を入れ、次に備えましょう。画像はアートワークがなかったので、代わりに鬱PのTwitterアイコン。



Kanata Labo / Bluephrase Termination

リリース: 2014/12/30
ジャンル: エモ
販売: 未定




今回の冬コミで見つけて視聴して良さげだったので購入。ボーカルは全曲初音ミク。作風は基本的にエモ、しかし打ち込みサウンドも濃いといういかにもDTMなロック・アルバムだ。サウンドの畳み掛け方が何ともカッコイイところが特色だ。2曲目「Bluephrase Termination」は純粋な歌ものロックでボーカル主体のスタンダードなロックナンバーで、3曲目「because i can't」は打ち込み要素を加えラウドさを増した王道のエモ・ロックなのだが、安心して聴けるのはここまでである。4曲目「in to blue」は、ワブルとギターリフだけでゴリゴリ引っ張る力強さに思わず目を見張る。わずか1分の導入曲なのだがこれが本当に濃密でセンスが良い。その後に続く5曲目「BLUE」は更に素晴らしい。ギターやシンセの轟音が洪水のごとく鳴り止まない、極めてパワフルで美しさも兼ね備えた素晴らしい曲だ。その轟音があまりに分厚いため、途中で静かになる箇所以外ではボーカロイドの声が完全に埋もれてしまっているのだが、この手の音楽に歌の聞き取りやすさを期待する人はさほどいないだろうし、ミクのボーカルも裏側からメロウさを添えるという重要な役割をきちんと果たしているため、歌詞の聞き取れなさは全く気にならないどころかむしろとてもいい具合に潰れており実にアガる!!6曲目「Drill Enter」は、ボーカルを含めたあらゆるパートが複雑に絡み合う曲だが、曲全体の展開はしっかり定められており音のカオスさ加減の割には聴きやすい。巧い。7曲目「ZDD」はワブルが前面に出てくるEDM色の強い印象の1曲。ドラムも途中で一部ビートに取って代わられたりと自由な展開をする。8曲目「deep blue」は完全に打ち込みテクノ。非常にカッコイイのだが、わずか1分半で終了してアルバムも幕を閉じてしまう。

このアルバムは全体として20分前後と非常に尺が短く、これが短所でもあるのだが長所とも言える。短所はあっという間に聴き終えてしまうこと。20分では作品の世界観に腰まで浸かったあたりで終わってしまうため、ちょっと寂しい。しかし長所は、終始疾走感を保ったまま最後まで駆け抜けられることだとも考えている。このアルバムはとにかくアガる。どの曲もとにかくリスナーを煽り続けるタイプの曲だ。だからこそ、アルバムの長さをある程度以上(個人的な感覚は40分以上)にすると、テンションは上がるのだが途中で集中力が切れてしまうため、切り替えのための少し違う空気の曲を入れる必要があり作るのが大変になる。勢いだけで突っ切るには、このアルバムくらいの尺がちょうどよいのだろう。物足りなければまた1曲目から何周もすればいいのである。なのでこれはフルアルバムというよりミニアルバムやEPといった趣と解釈した方が良さそうだ。だが、やはり次はもう少し尺の長いアルバムを期待したいところでもある。

最後にパッケージについて。まずアートワークが非常に美しい。著名なイラストレーター・岬による緻密なイラストは、このアルバムの作風と相性が良い。ケースもトールサイズのジュエルケースであり、これもまたイラストの面積が増えるため鑑賞するには良い。しかし、パッケージにここまで拘ったのなら、肝心のディスクは手焼きCD-RではなくプレスCDにして欲しかったというのが正直な感想である。