C87で買った作品のレビュー、8本目はメロディアスなインディーロックを得意とするwhoo(フー)の新譜です。

このアルバム「空は美しく燃えて」は、ボーカル曲を作ることがほとんどの同氏としては初めて、全曲インストのアルバムとなります。2014年夏にはベストアルバム「ALL THINGS MUST PASS」(→アルバム公式サイト)をリリースしているので、併せて楽しむのもオツかもしれません。



whoo / 空は美しく燃えて

リリース: 2014/12/30
ジャンル: ソフト・インディー・ロック
販売: Amazon.co.jp

※画像をクリックすると、
アルバム詳細ページへジャンプします。


1曲目「星の寿命」は導入となる1分強の小品。アンビバレントで思わせぶりなピアノを軸に、雑踏のサンプリングだったり硬質なストリングスのサウンドだったりが走馬灯のように浮かんでは消えていく。そして2曲目「アンブレラ」はいきなり真骨頂の登場だ。whooといえばこの感傷に満ちた美しい音だ!と言わんばかりに、サウンドのあらゆるパートでその持ち味を遺憾なく発揮している、whoo節全開の名曲である。メロディの良さもさることながら、そのメロディを幾重にも覆い優しく包むような柔らかいバンドサウンドが深みがあり、本当に素敵なのだ。いきなりこんな凄い曲が来ちゃったらそりゃあ惚れる。3曲目「なぎと帆」は明るい調子の6拍子。ピアニカを多用する点もwhooの特色として挙げられるが、その結果インスト曲でありながら人の息遣いとぬくもりが込められ、暖かみのある音響が生まれているところに着目したい。4曲目「洛陽とネガ」は2分弱と短いながらも、アルバム中最も硬派で骨太さを感じさせる良曲。

5曲目「海の凍る街」は、左右から響くアコギとエレキギターが好対照を成しているナンバーだ。タイトルからしていかにも寒そうな風景を描いた寒色ポストロックかもしれないと思っていたら、思いの外明るい曲で、聴きながら想像する光景もずっと明るく綺麗なものとなっていた。さながら、アコギが人の体温や生活の音、エレキギターが街から見える海と降り注ぐ陽の光であるかのように感じさせられる。こうして、タイトルを取っ掛かりにサウンドを経由して想像力がぶわっと広がっていく、この目覚めるような感覚はたまらない。6曲目「空は美しく燃えて」は、これもまたタイトルから耽美的で重厚な世界観が広がるかと思いきや、ミディアムテンポで軽快に運ぶドラミングと歌うようなギターが印象に残る心躍る楽曲だ。Bメロ手前でぐっとアクセルを踏む時の転調と、その転調から繋ぐ時に生まれる大いなる感傷がたまらなく素敵だ。ちなみにこの曲は、初音ミク歌唱のボーカル版が先行して公開されている(下に動画リンクあり)。7曲目「夜、耽る。」は、アルバムのラストを飾る曲。これまでと違いバンドサウンドは鳴りを潜め、シンセ全開でゆったりと物悲しいメロディを奏でる様は、まさに「夜」「眠り」を想起させる。まさに、アルバムのエンディングとして幕を閉じる役割を果たしている曲だ。この曲を、エンディングだからといって短めに切り上げるのではなく、ある程度の尺を取ってじっくりと締めくくっているところは、筆者としては高く評価したい。

それにしてもwhoo節全開の素晴らしいアルバムだ。どの曲のどの音を取ってみても、そこには感傷と美しさしかない。刻むアコギに歌うエレキ、踊るドラムに風の音のようなピアニカ。whooの音楽はバンドサウンドが基本なのだが、それは「包み込むような柔らかさ」がある。どれだけ強い音を出しても、その本質はぬくもりに満ちているのだ。さしずめ、美しさにフォーカスしたインディーロックの最右翼と表現することが出来るだろう。

そして、whooの曲には無駄な音がひとつもない。ボーカル曲であればボーカル、インスト曲であればメロディパートを担当する楽器に華を持たせて、楽曲を盛り上がりを牽引させるという手法は一般的だと思われるが、whooの楽曲ではすべての音がそれぞれの役割を全うしており、同時にすべてのパートに見せ場があるのだ。主役を張るエレキギターやドラムス、ピアニカは言うまでもなく、シャカシャカと鳴り続けるアコギやひたすら縁の下であり続けるベースでさえも、曲展開の中でふっとその姿が前に出てくる箇所があり、その存在の重要性を思い出させてくれる。また、ピアノの音はピアノでしか表現できない箇所をしっかりと締めており、ピアノの出番が比較的少ないアルバムでありながらその音が印象に残っているのである。まさに、すべての音が「奏でる喜び」に満ちており、作品の華となっているのである。

最後になったが、このアルバムは現時点で(2015/01/08)収録曲はおろか試聴用音源すら公開されていない。下記の動画も、あくまで6曲目のボーカル版であり、このアルバムに入っている音源ではない。更に通販に関する通知がまだなされておらず、おすすめしようにも次に入手できる機会がいつになるかが分からない。whooというミュージシャンを知っている人なら間違いなく満足できるアルバムになっているので、是非通販や配信が早期に開始され、一人でも多くの人に聴いて頂けたならと切に願うばかりである。

【2016/1/10更新】Amazon.co.jpにて通販ページがひっそりと開設されていた。どうやら2015年11月辺りから開始していたようだ。これを機に、一人でも多くの方にこの名盤に触れていただければと思う。