C87で買ったCD・本のレビュー、11本目はAVTechNO! (アドバンステクノ)の最新作「17k -Disorder」。

主にVOCALOID・巡音ルカを用いたテクノサウンドが作風の中心となります。テクノと言っても狭義のそれではなく、ドラムンベースやアンビエントなど様々なジャンルの色を足して混ぜあわせた結果、独特の響きを持つ楽曲が次々と生まれています。

同人活動も積極的で、これまでにリリースしたCDはおそらく10枚では効かないでしょう。個人的には、これらの同人CDの他にも、代表作を多数収録したベスト盤「AVTechNO! Collection Thank you pack!」が価格も非常に手頃で(むしろこの価格でいいのか疑惑も…)おすすめです。



AVTechNO! / 17K -Disorder

リリース: 2014/12/30
ジャンル: テクノ
販売: とらのあな

※画像をクリックすると、
アルバム詳細ページへジャンプします。


AVTechNO!の音楽を一言で表現するなら「衝動」だ。作曲家は”ジャンルを意識して作曲する人”と”ジャンルを意識しない人”の2種類に分けられるが、AVTechNO!の場合は俄然後者に属すると筆者は考える。その作風は、名前の通りテクノを軸にしていると言えそうだが、他の様々なかたちの電子音楽を可能な限り詰め込んだようなもので非常に混沌としている。そのトラックからは、衝動のまま紙と鉛筆に殴り書きしているような生々しさを感じることが出来るのだ。

そして何よりも驚くべきは、この初期衝動の塊のような作風が、デビュー以降ずっと変わっていないことである。AVTechNO!はこれまでの活動の中で、ありとあらゆる音楽を貪欲に吸収しては自らの作品に取り込んでいったのだが、筆者の知る限りそのアンテナが錆びたことがついぞ無い。その魂は、たとえ少々濁ったところですぐ更新され、好奇心と表現欲の純度を保ち続けているのだ。おそらくAVTechNO!にとって、自分の作っている音楽が自分の中で古くなることはないのではないだろうか。

肝心の曲についての感想が遅れてしまった。今回のアルバムはすべて新曲の全6曲で構成される(別Ver1曲+カラオケトラック1曲を含む)。タイトルトラックの1曲目「17k」は疾走するビートにボーカルの機械的な叫び声が響き、時折超高音を発する様にジャケットイラストのような都会的な匂いを見出すことが出来る。2曲目「06E」は、物静かなイントロからBPM128の力強いビートへ繋がった時の高揚感が心地よいクールなトラックだ。3曲目「XX9」は、イントロで無機質で平坦なワブルベースの上にピアノが乗るという予想外の音色が終始続く、というきわめて硬派な曲。4曲目「17k Virtual Sound」は、1曲目に銃撃戦の音をサンプリングしたイントロやらを追加して豪華になったバージョン。ニコニコ動画やYouTubeで先行公開されているのはこちらのトラックである。5曲目「7S」は、これまでの重厚な曲とは一線を画すアンビエント色の強い癒しの曲だ。6曲目は2曲目「06E」のインストトラック。

いずれもいかにもAVTechNO!らしい、ダークで硬派なトラックに仕上がっている。5曲目「7S」が比較的やわらかなサウンドで癒やしだとも表現したが、それでもとても暗く内省的な響きを持っておりエンディングに相応しい。しかし再生時間が2分28秒と、それ単体で聴くにはやや短すぎるのが玉に瑕か。こういうゆったりした曲こそ5,6分の長尺で聴きたいものだ。それ以上長くても筆者としては全く問題ないどころか大歓迎であるが一応心に秘めておくこととする。