C87で買った作品のレビュー、12本目はレーベル「fusz」によるエレクトロニカ・コンピレーション「phos」。

名盤「lost in thought」(→当ブログでも紹介しております)を2014年夏に企画・リリースしたtrorezことmasahiro odaが、同人ベースで新たに興したレーベル「fusz」から2014年冬に出した第2弾リリースです。レーベルとしては第1弾ということになりますが、この2枚はほぼ地続きであると筆者は解釈しているため、便宜上第2弾として扱うことにします。

第1弾の楽曲参加者は7名でしたが、第2弾は11名とボリュームアップ。また、前作から面子をほぼ総入れ替えした結果、アルバム全体の方向性もがらりと変わり大変面白くなっています。ちなみに、ジャケットイラストを手掛けた「Niente」(→本人サイト)は、このアルバムに5曲目「alumina」を提供しているトラックメイカーでもあります。



fusz / phos

リリース: 2014/12/30
ジャンル: エレクトロニカ
販売: Public Rhythm Online Store 

※画像をクリックすると、
アルバム詳細ページへジャンプします。


「phos」の曲は、いずれも一見おとなしく、悪く言えば地味に聴こえるトラックが中心だ。それは、収録曲の多くがサウンドの派手さに重きを置かず、バックシンセやビート、エフェクトなどを駆使して”音の空間”をいかに気持よく響かせるからに注力しているからだ、と筆者は考える。別の表現を用いるなら、そのジャンルの”より深いところ”を追求したアルバムであるように感じられたのだ。

筆者はよく、音楽作品を食べ物に例える。このアルバムに関して言うなら、筆者は”エレクトロニカ本場の味”であると表現する。ひとつのメニューには、対外向けの多種多様なアレンジ料理(作品)が世界各地に存在する。その多様性を認めることでそのジャンル自体が広く普及し、最大公約数的であっても様々な人たちに愛され続けるようになるのだ。このように、本家の味に様々なアレンジを加える事は、本家大元にとっても非常に重要なファクターなのだが、それらのアレンジが存在し続けるためには、その”本家”そのものを作り続けて格を維持する人々の手が欠かせない。そのジャンルがどのように生まれ、どのように普及していったかを忘れないようにするため、派手な演出や過剰な装飾を極力排し、ただエレクトロニカの基礎的な要素だけを突き詰めていくのだ。そのような曲が「phos」には揃っている。このアルバムに収録された曲は軒並み、本場の作家による職人技の髄を極めた飾らぬ手本の一覧であると言っていいだろう。

なので、「phos」をこれから聴こうとしている方には、是非前作「lost in thought」も併せて手に取っていただきたい。先に述べた通り、この両作はプロデューサーは同一ながら参加者も音楽性も全く異なるものだからだ。「lost in thought」は「phos」と比較して華やかで開放的なサウンドが展開されており、筆者のような派手好きや、エレクトロニカという音楽がイマイチ分かっていない人が”第一印象”として触れるにはもってこいの”良質なアレンジ”だからだ。そして、その上で第2弾「phos」を聴いて欲しいのだ。「lost」でエレクトロニカの表面の手触りを楽しみ、「phos」で更に深く踏み込んで、音像空間の脈動や骨の硬さを確かめ、エレクトロニカというものの真髄を深く感じ取ることが出来れば、両作品は非常に素晴らしい相乗効果を生み出すことが出来ると筆者は考えている。

本文は以上となるが、この記事がこれまで公開したレビューの中で最も偏った主観に則ってしまったことに不安を隠せない。特にエレクトロニカに精通している方々にとっては、読んでいて気を悪くするレビューになってしまったかもしれない。もしそうならば、素直に謝る所存だ。しかし、筆者が見出したこの楽しみ方が、両作品を楽しむための取っ掛かりとなったならば、これ以上の喜びはない。