C87で買ったすべての作品をレビューする一人企画、ようやく折り返し地点に差し掛かってきました。
今回紹介するのは、大江戸宅急便の島村秀行さんと、Campanellaのbermei.inazawaさんが合作した「僕らの音楽 ロンサムCD」です。

長らく交流があり、同人音楽のキャリアもベテランの域に達している二人。そんな二人がガチンコ共作で童謡アレンジCDを制作、その果て無き血と闘争と汗と涙の結晶とも言うべきこのアルバムが、どうしてこうなったのでしょう。全くもって不思議でなりません。そもそもこのアルバムが出来た経緯自体に色々あるのですが、続きは本文で。



島村秀行とbermei.inazawa / 僕らの音楽ロンサムCD

リリース: 2014/12/30
ジャンル: オトナの童謡
販売: Amazon.co.jp AKIBAHOBBY あきばお~こく とらのあな

※画像をクリックすると、
アルバム詳細ページへジャンプします。


このアルバムは、一言で言うなら「センスある大人が本気でふざけた企画のアーカイブ」である。通常、才能あるアーティストが”遊んだ””ふざけた”と自ら語った作品は往々にしてとんでもない名作となり、そんな謙遜を遥か下方に置き去りにした言葉への信頼など到底置けたものではない。「僕らの音楽」に関しても、制作者の2人は間違いなく独自のセンスと視点を持っていることは筆者が保証するが、それでもこのCDを聴いた人の大部分が口を揃えて言うに違いない。”名作ではない、迷作である”と。

まず、「僕らの音楽」という企画について話さねばならない。これはそもそも、島村秀行(大江戸宅急便)とbermei.inazawa (Campanella)  の2人によるラジオ番組(主にYouTube、たまにニコ動)であり、その内容はズバリ”童謡アレンジを1曲作ること”。主に島村秀行が歌唱を、bermei.inazawaがアレンジを担当しているのだが、島村氏もサウンドについてとにかく色々な意見を出しており、トライ・アンド・エラーを何度も重ねてワンコーラスのトラックを完成させていく様子を生放送で流す、という一見真面目かつ熱い企画であるかのように見える。いや、熱量が高いのは認めざるをえない。それに、サウンドに対する真摯な姿勢はまさにアーティストそのものだ。しかし、なぜか必ず脱線する。折角のクールなトラックに、島村氏のライム溢れるジョークが突き立てられ、inazawaも大いに悪ノリすることで企画は泥沼試合の様相を呈するのである。そしてリスナーは嘆息するのだ、”どうしてこうなった”と。

このアルバムには、そのラジオ番組で作られた多数の童謡アレンジの一部(全11曲)と、そのメイキングの抜粋が収録されている。そのトラックはいずれも混沌としていながらも、確実にセンスあるものに仕上がっているため何ともリアクションに困ってしまう(笑顔)。和の香り漂うクールなトラックに謎のポエムが入る「雪」、あらぬ方向にテンションが上がってしまったレゲエ調の「海」、佐◯急便への日頃の恨みが爆発する「めだかの学校」、なんとヒップホップになってしまった「かたつむり」など、その”武勇伝”には枚挙に暇がない。しかし中には、超クールなピアノハウス調の「たなばたさま」や、5拍子のフォークソングに化けた「しゃぼん玉」など、普通に真面目でセンス溢れるアレンジもそれなりにある。・・・あれ、ふざけてないトラックも意外にあるんじゃね?と改めて聴いて思ったが、それでもやはり一部の”問題児”の印象があまりに強く、企画やアルバム全体の印象を決定づけていることを再認識した次第である。うむ、筆者は何も間違っていないはずだ。

なぜそんなアレンジになったのか、それを知るために欠かせないのがメイキングだ。長いラジオ番組からの抜粋とはいえ(全部収録していたらCDが何枚あっても足りなくなる)、その時の2人のやり取りは非常に濃密で、作成中の楽曲が少しずつ姿を変えていく様は、聴く側としてはとにかく新鮮で興奮する光景だ。ところでこのCD、合計収録時間は合計60分もあるのだが、そのうちメイキングやトークがなんと47分も占めている。つまり、童謡アレンジのトラックはたった13分しかなく、アレンジトラック目当てに買ったリスナーは、再生機に入れた時点でこのCDのメインがあくまでメイキングであることを思い知らされるのだ。その証拠に、アレンジトラックだけのプレイリストを作成して聴いてみると、まるで短編小説集の各話の結末だけをつまみ食いしているような、物足りなさを超えた物悲しさを感じてしまうのである。このCDは音楽アルバムではなく、作曲バラエティ番組なのだ。「僕らの音楽」と比較されるべきなのは、bermei.inazawaの伝説的な童謡アレンジアルバム「ぼくらのうた」ではなく、「水◯どう◯しょう」「ガ◯使」等を始めとするバラエティ番組のDVDであるべきなのだ(落語のCDはちょっと違うか)。

とはいったものの、ここで生まれたワンコーラスのアレンジの中には、制作した2人ですら唸るほどの名アレンジが複数含まれており、一部については”もっと長いトラックに仕上げたい”とまで言わしめているのだ。当然、このCDの目的はクリエイティビティの愛すべき暴走の塊となった番組の記録なのだが、ふと生み落とされた素敵な音楽(一部の問題児含む)をメインに据え、これらの煩悩と努力を結晶化した”純粋な童謡アレンジアルバム”への期待も俄然高まってしまうのは避けられないことだろう。